肌に刺激を与えない、正しい洗顔のやり方とは

awa01

あなたの洗顔方法は、汚れをしっかり落とそうと、ごしごしこするような方法ではないでしょうか。
肌に刺激を与えるやり方、また洗いすぎるやり方では、肌に負担をかけすぎて肌にとって逆効果になってしまうのです。

肌に刺激が加わると、メラニン生成の原因になります。新陳代謝が良ければメラニンを排出できますが、肌トラブルのある場合はシミや色素沈着の恐れがあります。

ごしごしこすって洗うやり方は危険なのです。

また、しっかり洗うほうがいいと考える人も多いですが、必要以上に洗うことは肌に必要な皮脂や脂質、保湿成分なども失われてしまう原因になります。

肌に必要な成分が失われると、肌のバリア機能も失われてしまいます。

正しい洗顔方法として、まず手をきれいに洗います。そして、入浴しながら毛穴を開かせ、汚れを浮かせると良いです。

使用する洗顔料は、しっかりと泡立つものがおすすめです。泡が触れただけでも汚れは落ちるといいます。

できるだけ肌への負担を減らすよう、泡立ちのよい洗顔料を指で優しくマッサージするようにしましょう。

ごしごししたり、しつこくこすったりしないようにしましょう。

そして熱いお湯、シャワーを直接かけて洗い流すのはNGです。

ぬるま湯で優しく洗い流します。タオルで水気を抑えるように拭き取り、乾燥しないように肌をしっかりと保湿します。

できるだけ肌への刺激を抑えて洗顔を行うようにしましょう。それが美肌を保つ大切なポイントです。

洗顔の際には泡立てネットを使用しましょう

洗顔はスキンケアの基本となる大切なものですが、案外見落とされがちです。

洗顔の種類にも様々なものがありますが、固形石鹸から洗顔クリーム、洗顔フォームなど、ご自身で泡立てる必要のあるものと、プッシュすると泡が出てくるタイプのものがあります。

泡が出てくるタイプのものでしたら、そのままたっぷり泡を出して洗顔されると良いのですが、固形石鹸や、洗顔クリームの場合は、ご自身でしっかりと泡を立ててあげないと、汚れがきれいに落ちませんし、泡立ちが悪いと、洗浄成分が強すぎるため、お肌にも悪影響になってしまう恐れがあります。

手でたっぷりの泡を立てるのは、非常に難しく、泡立てネットを使用されるのが一番効果的です。

泡立てネットはドラッグストアや、100円ショップなどにも売っていますので、気軽に購入できますし、実際に泡立てネットを使用してみると、手で泡立てるのとは違い、簡単にもこもこの泡を立てることができます。

ただし、泡立てネットは使用し終わりましたら、きちんと泡を洗い流し、乾燥させておかないと、細菌が繁殖して、逆に肌荒れトラブルの原因となってしまう可能性もありますので、注意してください。

泡の上手な立て方や、泡立てネットのお手入れの方法を紹介してくださっているサイトがNAVERまとめにありますので、気になる方は、放置してない?浴室の「泡立てネット」のお手入れ方法という記事を参考になさってください。

泡立てネットの付いてくる洗顔料としては、おすすめなのがどろあわわになります。そのどろあわわ値段が少し高いかも知れませんが試してみて損はないと思います。

たっぷりの泡で毎日洗顔する事で、美肌をしっかりキープできるようになりますので、是非泡立てネットをうまく使用しましょう。

洗顔だけで角栓ケアするテクニックとは

鼻や顎のあたりを触るとざらざらしていたり鏡で見ても毛穴にぽつぽつと白いものが見える。

これは角栓が詰まっている証拠です。毎日きちんと洗顔をしていても角栓は出来てしまいます。

鼻や顎のあたりは乾燥しがちで、それが原因で肌が固くなってしまうので角栓ができやすいと言われています。

「出来ないようにしっかりと洗おう!」と過度に鼻や顎のあたりだけを洗顔料でゴシゴシ洗っていると、それがさらに乾燥を呼び角栓を作ってしまう原因にもなりかねません。角栓用のパックもありますが、使えば使うだけ肌の皮脂を奪って乾燥してしまうため、逆に悪化してしまうという可能性もあります。

洗顔だけで角栓をケアする方法は、まずは毛穴を開かせることです。

レンジ作った蒸しタオルなどを気になる部分に当てて1分ほど待ち、毛穴を開かせます。

熱すぎないように肌に乗せても大丈夫な温度になってから行うようにしましょう。

その後、たっぷりと泡立てた洗顔料でくるくると円をかくようにして気になる場所を洗顔します。

この時に肌を指でゴシゴシこするのではなく、泡で毛穴を洗うようにすることが肌を傷めないポイントです。

1分ほど洗顔料で肌を洗い、その後ぬるま湯で綺麗に洗い流したら最後に冷水で肌を引き締めたり、収れん化粧水を使って毛穴が開きっぱなしにならないようにします。

これだけで角栓が取れてつるつるの肌になれるのです。

新たなアイテムを購入する必要もなく手軽にできる方法です。